ベイカリーとティールームのパン取り扱い店舗では、4/28から8/31までの期間中、鎌倉の名店「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」とのコラボコーヒーパンが4種登場します。
オーナーの堀内隆志さんが今回の企画のために自家焙煎したオリジナルブレンドのコーヒー豆をパン生地に練りこんだ、コーヒーの風味を最大限に引き出したパンをお楽しみください。

オリジナルブレンド特徴

ディモンシュオリジナルロットでマイルドな口あたりのコロンビア・トランキーロをベースに、香りとコクのエチオピア・イルガチェフ・ナチュラル、苦味とボディ感のあるインドネシア・マンデリン・ドロックサングールをブレンドし、深煎りまで焙煎しました。 パンを口にした瞬間に笑顔になってもらえるように何度も何度も配合バランスと焙煎度合を調整した渾身のブレンドです。

第1弾
4/28〜6/29

4/28~6/29

コーヒーあん&クリーム (café vivememt dimancheコラボパン)
1個 ¥238

ほろ苦いコーヒー香る生地とコーヒー餡&ホイップクリームのハーモニーをお楽しみください。

4/28~6/29

コーヒーナッツブレッド (café vivememt dimancheコラボパン)
1個 ¥368

ほろ苦いコーヒー香る生地にアーモンドクリームとビターチョコを巻き込み、アーモンドを散らし焼き上げました。

第2弾
6/30〜8/31

6/30~8/31

カフェクリーム (café vivememt dimancheコラボパン)
1個 ¥303

カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュオリジナルのカフェオレベースを使用したコーヒークリームと自家製カスタードを詰めました。

6/30~8/31

ディモンシュコーヒーロール (café vivememt dimancheコラボパン)
1個 ¥162

ほろ苦いコーヒー香る生地にビターチョコを巻いて焼き上げました。

café vivement dimanche
(カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ)

1994年にオープンした鎌倉のカフェ。
地元の人にもコーヒー好きにも広く愛され、現在もカフェブームを牽引している存在。
「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」という店名は、フランソワ・トリュフォー監督の83年のフランス映画「Vivement dimanche!(日曜日が待ち遠しい!)」から取られたもの。
オーナーの堀内隆志は「珈琲と雑貨と音楽と」(NHK出版)、「コーヒーを楽しむ。」(主婦と生活社)などの著書の他、ブラジル音楽関連のCDの選曲・プロデュース、FMヨコハマ「SHONAN by the Sea」でレギュラーコーナーを持つなど多方面で活動している。

ベイカリーとティールームのパン取り扱い店舗では、「旅するベイカリー」第2弾 関東編のアイテムなど、季節のおすすめパンを展開中!

ベイカリーおよびパン取り扱い店舗

アフタヌーンティー・ベイカリー 大丸神戸店、大丸福岡天神店/アフタヌーンティー 札幌三越/アフタヌーンティー・ティールーム 郡山うすい、エスパル仙台、メトロエム後楽園、ウィング上大岡、丸広百貨店川越店、近鉄百貨店和歌山店、天満屋岡山店、天満屋ポートプラザ、井筒屋小倉店、熊本鶴屋、大分トキハ、鹿児島山形屋、沖縄リウボウ

  • 新型コロナウイルス感染拡大に伴う店舗の臨時休業や営業時間の変更により、予告なくアイテム開始日・展開店舗の変更や実施が中止となる場合がございます。お客様にはご不便をお掛けしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
  • プライスはすべて税(8%)込みです。なお、イートインの場合は、消費税(10%)となり記載のプライスと異なります。
  • 店舗により、取扱商品および販売期間が異なります。
  • 数量限定での販売となります。また食材の都合等で、日時によっては商品をご用意できない場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • 掲載内容の中止やスケジュール変更をする場合がございます。
  • 天候不良などにより、予告なく食材が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 写真はイメージです。