「グリーンランド国際サンタクロース協会」公認のサンタクロース。おちゃめなキャラクターで大人も子供も笑顔にしてくれる、彼らが伝える「クリスマスの過ごし方」には、“クリスマスをより楽しむためのヒント”が込められています。

今年のクリスマスは、豊かさや幸福の象徴でもある“りんご”とともに、家族揃って思い出に残る、豊かな時間を過ごしましょう!

ミセスサンタクロースの特別レシピ

甘酸っぱいりんごを主役にした
料理やスイーツをご紹介。

詳しくはこちら

今年のクリスマスどうする?
サンタクロースは夏も大忙し

北極にほど近いグリーンランドで暮らす長老のサンタクロースをサポートするために、世界各国で選ばれている公認サンタクロースたち。 彼らは夏のあいだも大忙しです。

年に一度コペンハーゲンにて開催される「世界サンタクロース会議」に出席して、今年のクリスマスの過ごし方を相談し合ったり、子供たちのプレゼントをどうしようかと考えたり。

さあ、今年のクリスマスはどんなギフトが届くのでしょう。

幸せなデコレーションの中で
クリスマスへのカウントダウンを!

サンタクロースに喜んでもらえるように、お部屋を素敵にデコレーションしましょう。飾りつけは、家族が力を合わせる一大イベント。まずはお部屋をきれいに片づけてから、アドベントカレンダーやツリーを飾っていきます。キャンドルに灯をともしたら、準備は万端!クリスマスへのカウントダウンの始まりです。

りんごを使った
ミセスサンタクロースの特別レシピ

甘酸っぱいりんごを主役にした料理やスイーツをご紹介。
華やかなりんごの赤がアクセントになり、クリスマスの食卓にぴったりです。

フレスケスタイ(ローストポーク)

材料(2〜3人分)

豚かたまり肉(バラ・肩ロースなど)

350g

小さじ1と1/2

じゃがいも(小)

2個

りんご(小)

1個

ローリエ

適量

ローズマリー

2本

リンゴンベリージャム

適量

作り方

  1. 豚かたまり肉の脂のある側に切り込みを入れる。塩をまぶし、キッチンペーパーとラップで包み冷蔵庫で1〜3日置く。
  2. りんごは種をとり、皮付きのまま乱切りする。じゃがいもは一口大に切り、耐熱皿に並べ600Wのレンジで4分加熱する。
  3. 熱したフライパンに①を脂側から焼き、全面を色が変わる程度に焼く。
  4. [1]の切れ込みにローリエを縦半分にしたものを刺し、ローズマリーをのせて170度のオーブンで20分焼く。[2]も一緒に焼く
  5. アルミホイルに包み20分休ませて、薄切りする。
  6. 皿に盛り、リンゴンベリージャムをつけていただく。

りんごと紫キャベツのホットサワーマリネ

材料(2〜3人分)

りんご

1/2個

紫キャベツ

1/8個

大さじ2

大さじ1

砂糖

大さじ1

少々

作り方

  1. りんごは種を取り、皮つきのまま3mmのイチョウ切りにする。紫キャベツは繊維を断つように5mm幅に切る。
  2. 鍋に[1]全ての材料を入れ、蓋をして沸騰したら弱火にし10分加熱する。(途中焦げ付きそうになったら水を足す)

ライスプディング

材料(2〜3人分)

生米

50g

牛乳

500cc

りんご

1/6個

砂糖

大さじ1

シナモンパウダー

少々

作り方

  1. 米はザルに入れてざっと洗い、鍋に米と牛乳を入れ15分置く。
  2. りんごは5mm角に切っておく。
  3. [1]を火にかける。軽く沸く程度の火加減で時々かき混ぜながら25〜30分、米を好みの硬さまで加熱し、砂糖を加える。
    ※かき混ぜないと湧いてしまうので注意、米が固い時は牛乳と加熱時間を足す。
  4. 皿に盛り、りんごをのせ、シナモンをふる。

グロッグ(北欧のホットワイン)

レーズンとアーモンドを掬いながら楽しむホットワインです。

材料(2人分)

りんご

1/6個

赤ワイン

400cc

レーズン

大さじ3

アーモンド

大さじ2

りんごジャム

大さじ4

クローブ

8個

スターアニス

3個

シナモンスティック

2本

作り方

  1. りんごは芯をとり、縦4等分に切る。りんごの果肉部分にクローブを2本ずつ刺す。(最初に爪楊枝でりんごに穴を開けるとクローブが刺さりやすい)アーモンドは軽く砕いておく。
  2. りんごは5mm角に切っておく。
  3. 鍋に全ての材料を入れ蓋をして弱火で15分煮出す。
  4. 耐熱グラスやカップに注ぐ。

家族と過ごすクリスマス・イヴは
ワクワクする気持ちでいっぱい!

世界がごきげんなオーラで満たされるクリスマス・イヴ。
ドキドキする気持ちは最高潮に高まって、イルミネーションのきらめきにみんなの笑顔があふれます。

クリスマスは本来、家族の絆を確かめあう日。あたたかな部屋でクリスマスツリーや手料理を囲み、家族と一緒に豊かな時間を過ごしましょう。

サンタさんへの「ありがとう」の
おもてなしをお忘れなく

イヴの夜、寝る前に忘れずに用意したいのがサンタクロースへのおもてなし。ありがとうの気持ちをつづった手紙に、あたたかい飲み物と手作りのクッキーを添えて、心を込めて枕元に置きましょう。

朝目覚めたら、ツリーの下はプレゼントでいっぱい!

©akiko tunoda ©Paradise Yamamoto / Santa Claus The Noth Pole GREENLAND