今年の母の日は、家族の中心で頑張るママに勲章を贈ろうというメッセージのもと、「ロゼット(リボンの勲章)」をピックアップ。普段はなかなか伝える機会がない“ありがとう”の気持ちをロゼットに込めて、
思い出に残るギフトにしませんか?

What’s Rosette?

ロゼットが紡いできたストーリーに想いを添えて、
お母さんへ“ありがとう”を贈ろう。

「ロゼット」は団体や意識を表すために用いられてきたリボンの飾り。古くは軍隊の帽章にはじまり、革命や運動のシンボルとして世界中に広がりました。

アフタヌーンティーの文化を広めたことで知られているベッドフォード公爵夫人のアンナ・マリアの肖像画には、白いレースで作られた「ロゼット」が胸に描かれています。そこには王室から賜った宝石があしらわれており、贈られたものに対する感謝の気持ちを表わしているかのよう。

その後は王室のウエディングや宗教的な儀式をお祝いするためになくてはならないものとして、いまも人知れず作り続けられています。裁縫上手で評判のお婆さんが作っていたり、お母さんから教わった娘さんがひと手間加えたり、はたまた職人さんが沢山作っていたり…様々な由来や物語を紡ぎながら「ロゼット」という呼び名で親しまれているのです。

最近は日本でも目にする機会が増えた「ロゼット」には、受け取った本人はもちろん、贈った人もちょっとだけ誇らしく思える、あの形に魅力があるのかもしれません。

ロゼットが紡いできたストーリーに想いを添えて、お母さんへ“ありがとう”を贈ろう。

  • What’s Rosette?

    「ロゼット」は団体や意識を表すために用いられてきたリボンの飾り。古くは軍隊の帽章にはじまり、革命や運動のシンボルとして世界中に広がりました。
    アフタヌーンティーの文化を広めたことで知られているベッドフォード公爵夫人のアンナ・マリアの肖像画には、白いレースで作られた「ロゼット」が胸に描かれています。そこには王室から賜った宝石があしらわれており、贈られたものに対する感謝の気持ちを表わしているかのよう。
    その後は王室のウエディングや宗教的な儀式をお祝いするためになくてはならないものとして、いまも人知れず作り続けられています。裁縫上手で評判のお婆さんが作っていたり、お母さんから教わった娘さんがひと手間加えたり、はたまた職人さんが沢山作っていたり…様々な由来や物語を紡ぎながら「ロゼット」という呼び名で親しまれているのです。
    最近は日本でも目にする機会が増えた「ロゼット」には、受け取った本人はもちろん、贈った人もちょっとだけ誇らしく思える、あの形に魅力があるのかもしれません。

毎年好評のコサージュがセットになった有料ギフトラッピングや色とりどりの「ロゼット」を用いたショッパーは、日頃の感謝を伝える贈り物の、特別感をより一層引き立てます。

また、4/19~ギフトをご購入された方にメッセージカードをプレゼント!

4/19から、Afternoon Tea LIVINGオリジナルのアートを使用したメッセージカードをご用意。ギフトをご購入の方、先着名様にプレゼントいたします。
なかなか伝えられない“ありがとう”の気持ちを水彩の花柄があしらわれたデザインのメッセージカードに込めて、プレゼントを特別なものに。

  • プレゼントはなくなり次第終了とさせていただきます。

その他、早期送料無料や学割などの様々なキャンペーンをご用意。
一番近くでいつも見守ってくれるお母さん。
ありがとうの気持ちを母の日に伝えてみませんか?ぜひ、ご覧ください。